ADMA(アドマ)|株式会社ADrim

2022年に本格的に始動する「Cookie規制」とは?ファーストパーティーとは?サードパーティーとは?

2022年に本格的に始動する「Cookie規制」とは?ファーストパーティーとは?サードパーティーとは?

ウェブサイトやECサイトを開くとき、「閲覧するにはCookieの取得と同意をお願いします」
という警告が表示されたことはありませんか?

あまり気にせず「承諾」をする人も中にはいるかと思います。
それでは今回Cookieとはそもそも何なのかについてご紹介させていただきます。

Cookieとは?


Cookieとは、「訪問者が再訪してきた時、サイト側が分かるように訪問者のデバイスに残しておくデータ」のことです

ユーザーのブラウザでWebサーバーに初めて接続した際に、ユーザーに対してサーバー専用のCookieファイルを作成し送信されます。
そして、再度ユーザーがWebサーバーに接続したときには、Webブラウザで作成されたCookieをWebサーバーに送信します。
こうすることで「このリクエストは〇〇さんからだ」ということが認識できるのです。

Cookieはなんの役に立つ?


Cookieの格納されたデータには、ユーザー名などの接続情報、ショッピングサイトなどで購入する商品を一時的に保管する “買い物かご” の情報、氏名や住所、電話番号などの一度登録した会員情報といったものが格納されています。

データを格納することで下記のようなメリットが生まれます。

・一度ログインすれば、ID・パスワードを入力せずにログインできる。

・ネットショッピングで、商品をカートに入れたままウェブサイトを閉じても、再訪問時に商品がカートに入ったままになっている。

・自分の興味・関心に合ったインターネット広告が配信される。

Cookieの種類


Cookieは、ファーストパーティcookieサードパーティcookieの2種類あります。
この2つの大きな違いは「Cookieの発行元」です。
この違いについてご紹介します。

ファーストパーティCookieの活用

ファーストパーティCookieは、ユーザーが閲覧しているWEBサイトから直接発行されているCookieのことです。
ドメインごとにCookieが付与されるため、外部リンクなどサイト横断した場合は
サードパーティを使用する必要があります。

サードパーティCookieの活用

サードパーティーCookieは、訪問しているサイト以外のドメインから発行されているCookieのことを言い、サイトドメインにかかわらずに付与できるので、横断的な対応が可能です。

主には、Web広告の配信で使用されます。
例えば、ブランド時計のサイトを見た後、別のサイトを見ていると、
さっき見ていたブランド時計の広告が流れるといった経験をしたことがありませんか?
あの追いかけてくるような広告は「リターゲティング広告」と呼ばれます。
サードパーティCookieはサイトの横断対応が可能ではありますが、
プライバシーの侵害などCookieの持つデメリットを懸念して、
Safariを提供するApple社のように、
サードパーティーCookieをブラウザがブロックする流れにあり、
広告活用や効果測定の面で精度が低くなってしまうという特徴があります。
※Google Chromeは2023年にサードパーティCookieを廃止予定
https://blog.google/products/chrome/updated-timeline-privacy-sandbox-milestones/

ではそんなサードパーティーCookieにはどのような活用方法があるのか、ご紹介していきます。

広告の測定

配信している広告が、コンバージョンにどれほど繋がったかを測定するために、
サードパーティCookieが利用されることがあります。
コンバージョンに至ったブラウザが広告から発行されたCookieを所持しているか否かで、
広告経由のコンバージョンであるかどうかを判断できます。

アフィリエイト

アフィリエイト内のリンクをクリックするとLPへ遷移しますが、裏側ではサーバーを経由しています。

経由したサーバーがCookieを発行することで、リンクの遷移先である広告主のウェブサイトは、流入してきたユーザーがアフィリエイトリンク経由で流入してきたことが識別できるようになります。

リターゲティング広告

リターゲティング広告は非常に費用対効果の高い広告ですが、サードパーティCookieが活用されています。

ユーザーがリターゲティングのタグが設置されているウェブサイトに訪れたとします。
この時に発行されるリターゲティングタグは、サードパーティCookieです。

そしてこのリターゲティングタグの情報をもとに、
別サイトを閲覧しているユーザーに対して、
自社の商品やサービスの広告を表示させるというのがリターゲティング広告の仕組みです。

アトリビューション分析

アトリビューション分析とは、コンバージョンに対する広告貢献度の分析手法のことです。
Webマーケティングでのアトリビューション分析は、計測ツールを導入しておこなうケースが大半で、そのツールがサードパーティCookieをもとに計測している場合があります。

Cookie規制になるとどうなる?


上記の通り主にWEBマーケティングに活用されているCookieですが、
Google社は2021年6月25日に「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポートを2023年半ばから後半までの3カ月間で、段階的に廃止する見込みであることを発表しました。

では、サードパーティCookieが規制されることで、どのような弊害が生まれるのかご紹介させていただきます。

リターゲティング広告の規制が入る

サードパーティーCookieを活用した代表的なWeb広告がリターゲティング広告です。

リターゲティング広告は、それぞれの媒体で用意しているトラッキングコードをサイトに設置し、
第3者のサーバーからCookieを取得しているため使用できなくなります。

リターゲティング広告は、コンバージョン獲得における費用対効果が、
一般的に他広告と比較し極めて高い傾向にあります。
そういった背景から、リターゲティング広告への依存度が高くなっている企業も多いのではないでしょうか。

今後はリターゲティング広告のターゲットボリュームも確保しずらくなり、
これまで通りの広告成果が見込めないことが想定されます。

リターゲティング広告の他に用意されている配信手法を活用し、
広告成果の最大化を図ることが今後は求められると考えられます。

コンバージョン数の減少

Cookieの使用が規制されると最初の訪問から数日間経ってからのコンバージョンはCookie情報がなくなってしまってしまう可能性があります。

各広告媒体社および、広告の効果計測ツールがサードパーティーCookieによる計測や、規制対象のファーストパーティーCookieによる計測を行っている場合、その成果は正しい数値とは言い切れません。

Return Top