ADMA(アドマ)|株式会社ADrim

YouTubeのSEO対策とは?SEO対策の重要ポイントを詳しく解説!

YouTubeのSEO対策とは?SEO対策の重要ポイントを詳しく解説!

これまで情報収集の手段としてGoogleなどの検索エンジンを利用する人が大半でしたが、近年はSNSを情報検索のツールとして活用する人が増えています。
中でも、実物の映像や動画形式で情報を得たい人は「
YouTube」を利用しています。

実はYouTubeの世界でもGoogleなどの検索エンジンと同様に「SEO」が存在します。
検索キーワードに対して最適な動画が上位表示される形式です。

本記事ではYouTubeのSEO対策について、具体的なポイントを解説していきます。
YouTube検索で上位に表示させたい、YouTubeを活用したマーケティング・情報発信を行っていきたい方は、是非ご覧になってください。

YouTubeのSEO対策とは?

YouTubeのSEO対策とは、YouTubeの動画検索画面において特定のキーワードで動画を上位に表示させる手法です。

SEO対策と聞くと、Googleなどの検索エンジンをイメージされる方が多いと思います。
ただ、実際は「検索機能」が搭載されているプラットフォームには多かれ少なかれSEOが存在します。

YouTubeも例外ではありません。
YouTubeの検索画面ではキーワードを入力して、自分が見たい動画を探していきます。
検索KWに基づいて、ユーザーのニーズに合致する動画が検索結果画面の上位に表示されるよう、YouTubeにもSEOが実装されているのです。

そもそもSEO対策とは何?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称で、日本語で「検索エンジン最適化」と呼びます。
検索エンジン最適化を実現するために行う施策が「SEO対策」です。

検索エンジンは人間の目とは異なり、サイトや動画の内容をすべてチェックする訳ではありません。
Webサイトであれば、タグで囲った見出し部分を検索エンジンがチェックして、検索KWのニーズに合致しているか判断されます。

もちろん、見出し部分以外の観点もチェックされますが、少なくとも規模の小さなサイトで掲載された1つの記事が隅から隅までチェックされる訳ではありません。
検索エンジンのアルゴリズムに引っかかるよう、SEO対策を実施する必要があるのです。

YouTubeのSEO対策で重要なポイント

YouTubeの検索アルゴリズムの詳細については非公表となっていますが、YouTubeのSEO傾向を踏まえると、押さえるべき重要ポイントとして下記の点が挙げられます。

  • タイトル、概要欄、動画内容と検索ワードが合致しているか
  • 適切なキーワードタグが設定されているか
  • 視聴者維持率が高いか
  • ポジティブなフィードバックが多いか
  • 動画の再生回数が多いか

タイトル、概要欄、動画内容と検索ワードが合致しているか

まずは動画タイトル概要欄動画内容がユーザーの検索ワードと合致しているかチェックしましょう。

たとえば、YouTubeで「東京 イタリアン」と検索すると、上位表示された動画タイトルや概要欄には当然ながら「東京」「イタリアン」が含まれます。

(引用元:YouTube

反対に「東京」「イタリアン」がタイトル・概要欄に含まれていない動画は上記キーワードにて上位表示されません。

YouTubeの検索アルゴリズムにかかるよう、タイトル・概要欄・動画内容には必ず検索ワードを含めましょう。

ただし、キーワードをタイトル・概要欄に含めれば必ず上位表示される訳ではありません。キーワードを含めることは、上位表示のための前提条件と考えてください。

適切なキーワードタグが設定されているか

適切なキーワードタグが設定されているかどうかも、YouTubeのSEO対策でポイントになります。
YouTubeでは動画内容に合わせてタグを設定することが可能です。

タグ自体が直接、動画検索の順位を高める訳ではありませんが、検索にヒットしやすくするために設定は必須です。

可能な限りタグは多く設定することをおすすめします。
目安としては30~40個ほど設定しましょう。

またタグを設定する際は「チャンネルID」と「チャンネル名」をタグとして組み込むと、チャンネル内における内部SEO対策に繋げられます。

視聴者維持率が高いか

視聴者維持率は、途中で離脱せずに最後まで動画を見てくれた視聴者の割合を指します。
視聴者維持率が高いほど、動画内容が視聴者のニーズに合致していると判断可能です。

視聴者維持率の目安としては「50%以上」を目指すのがおすすめです。
ただし再生時間が10分未満の短い動画の場合は「
40%~45%」ほどを最初の目標値にしましょう。

視聴者維持率が高ければ、再生回数が少ない段階でも検索結果で上位表示される可能性が高まります。
視聴者が動画の途中で離脱しないよう、動画のクオリティを高めていくことが重要です。

ポジティブなフィードバックが多いか

ポジティブなフィードバックが多いかどうかも、YouTubeのアルゴリズムはチェックしている模様です。
たとえば、動画では下記のフィードバックが視聴者から発生します。

  • 動画への評価(良い or 悪い)
  • コメントの数
  • SNSへのシェア数

動画に対する高評価数やコメント、SNSへのシェア数が多いほど、YouTubeアルゴリズムにおいて動画評価が高くなります。

YouTuberの動画を視聴していると、「高評価・チャンネル登録をお願いします」と述べているYouTuberが多いですが、実はこれは動画を上位表示させる上で重要なポイントなのです。

動画の中には「コメント欄を非表示」にしているものもありますが、YouTubeアルゴリズムから評価を受けるためにも、コメント欄は公開しておくのがおすすめです。
誹謗中傷などのコメントがあった場合は、該当のコメントのみを非表示にしましょう。

動画の再生回数が多いか

動画の再生回数もYouTubeSEOに影響してきます。
当然ながら、再生回数が多い動画ほど「ユーザーの興味・関心に合致している」という判断をアルゴリズムが下しやすいです。
動画の再生回数を高めるポイントとしては、「
繰り返し見てもらえる動画」を作成するのが重要です。
最初のうちはどうしても視聴者数は限られてきます。オーガニックの検索でいきなり多くの視聴者を獲得するのは難しいです。

限られた視聴者数で動画の再生回数を高めていくためには、同じユーザーに繰り返し見てもらうのが効果的です。
繰り返し見てもらうには、動画のクオリティや内容の分かりやすさなどを徹底して高める必要があります。
動画のファンを増やしていくイメージです。

繰り返し見てもらえる動画を作成していけば、チャンネル登録者数の増加にも繋げやすいです。

YouTubeのSEO対策を意識して動画作成・配信を進めよう!

いかがでしたでしょうか。YouTubeの動画検索においても、Googleなどの検索エンジンと同様にSEOが導入されています。
検索キーワードに合致した内容の動画を作成・配信していくことが、検索結果の上位表示に繋がってきます。

動画の上位表示においては「再生回数」が注目されやすいですが、本記事で解説した通り他の項目についてもYouTubeのアルゴリズムは評価しています。
タイトルや概要欄にキーワードを組み込むのはもちろんのこと、視聴者維持率を高めたりコメントや高評価を増やしていくなど、各種施策を細かく実施していくことで動画の上位表示に繋がってきます。

YouTubeで動画を配信していく際は、YouTubeのSEOを意識して動画を作成してみてください。
本記事をYouTubeのSEO対策に活用して頂けると幸いです。

Return Top