リスティング広告の設定に必要不可欠!AdWords Editorの基本操作方法【検索連動型広告 編】

Googleのリスティング広告「Google AdWords」の設定や運用をされている方であれば必ずしっているであろう、AdWords Editor
このAdWordsEditorの基本操作を説明していきます。

AdWords Editorをダウンロードする。

まずは以下のリンク先からAdWords Editorをダウンロードして下さい。

Google AdWords Editor
https://www.google.com/intl/ja_jp/adwordseditor/

自動的にお使いのPCタイプでWindows、またはMacで選定されている状態になっているので、そのままダウンロード。

ダウンロードが終わったら、指示に従ってインストールをして下さい。

アカウントをダウンロードする。

スタート画面が立ち上がったら左上の「追加」ボタンをおしてアカウント情報をダウンロードします。

ダウンロードするアカウントにログインする方法を選びます。
ブラウザでログインする方が楽なのでおすすめです。

ブラウザが自動で開き、アカウント情報を入力すると文字列のkeyが発行されます。
それをコピーして先程の画面にペーストします。

ダウンロードしたいアカウント情報を選びます。
※MCCアカウントでない場合はそのまま選択画面になります。

始めてダウンロードする際は「すべてのキャンペーン」を選択しましょう。

そのまま認証をすすめ、アカウントの画面を開く事ができたら完了です。

【注意!】作業に入る前に必ずする事

AdWords Editorはローカルで作業したファイルをサーバー上の本番環境へアップロードする仕組みとなっている為、作業する前には必ずローカルデータを最新の状態にしておく必要があります。
もし、古い内容のままの変更を加えたものをアップロードすると、アカウントの情報が先祖返りしてしまうことがあります。
必ず「最新の変更を取得」することを忘れないでください。

「最新の変更を取得」する際に2つのダウンロードオプションを選択できます。

  • 基本(速い):First Page Bid の見積もり、ページ上部表示の推定入札単価、品質スコア、広告の承認情報が不要な場合はこちらを選択
  • 詳細データ(遅い):上記の情報も全て含めたい場合はこちらを選択。ダウンロードに多少時間がかかりますが、急いでいない場合は「詳細データ」を選択しておけば問題ないです。

検索連動型広告のキャンペーンを作成する

キャンペーンを作成する時には以下の手順で行っていきます。

  1. キャンペーンを追加し、キャンペーンの設定を行う
  2. 広告グループを追加し、広告グループの設定を行う
  3. 広告グループにキーワードを追加する
  4. 広告グループにテキスト広告を追加する

これはAdWords Editorでの作業に限らず、直接ブラウザ内で作業する際と変わりありません。

1. キャンペーンを追加し、キャンペーンの設定を行う

キャンペーンの追加は、①ウインドウ左下の「キャンペーン」を選択し、②[+ キャンペーンを追加]をクリックします。

ここで設定する情報は、管理画面でキャンペーンを追加する場合と同じですが、青囲みした項目については注意をする必要があります。

  • キャンペーン タイプ:
    初期値として「検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワーク対応)」となっている場合があり、このキャンペーンタイプを選択してしまうとディスプレイネットワークにも同時に広告が配信されるため、個のキャンペーンタイプを意図的に使いたい場合を除いて、通常は「検索ネットワークのみ」を選択します。

 

  • ステータス:
    「有効」の状態で変更を適応すると、Google アドワーズ側で審査などの一連の処理が完了次第広告の掲載が開始されます。広告配信はせずに、任意のタイミングで広告掲載を開始したい場合は「一時停止」にしておきます。

 

  • 開始日:
    開始日は基本的に登録した日が入ります。特定の日付に始めたい場合(開始時刻は日付の変わった0時0分となります)には入力してください。未来日に自動開始したい場合はステータスを「有効」にしておく必要があります。キャンペーンは開始日よりもステータスのほうが優先されるため、「一時停止」のままの場合は特定した日付に掲載が始まりません。

 

2. 広告グループを追加し、広告グループの設定を行う

広告グループの追加は、①ウインドウ左上で対象となるキャンペーンを選択し、②同左下の中から「広告グループ」を選択し、③[+ 広告グループを追加]をクリックします。
前述したキャンペーン追加時と同様、管理画面で広告グループを追加する場合と同じですが、青囲みした項目については注意をする必要があります。

  • ターゲティング方法の最適化:
    検索連動型広告のみのシンプルな場合は問題ないのですが、この値が「慎重な拡張」となっている場合は注意が必要です。「慎重な拡張」の場合、後々でリマーケティングリストなどのユーザーリストを追加した場合に、リマーケティングリスト対象ユーザーとそこから拡張されたユーザーに広告が配信されてしまうことになるため、通常は「無効」にしておくことをお勧めいたします。

3. 広告グループにキーワードを追加する

キーワードの追加は、①ウインドウ左上で対象となるキャンペーンと広告グループを選択し、②同左下「キーワードとターゲット設定」から「キーワード」を選択し、③[+ キーワードを追加]をクリックします。

④キーワードは、キーワードのテキストを入力した後に「タイプ」からマッチタイプを選択します。この「タイプ」は項目として「完全一致」「部分一致」「フレーズ一致」の3つから選択する形になっています。

この時マッチタイプとして「絞り込み部分一致」を設定したい場合もあるかと思います。「絞り込み部分一致」は前述の項目として存在しないため、キーワードのマッチタイプを「絞り込み部分一致」として設定したい場合は、絞り込みを行いたいキーワードテキストの直前に「+」をつけて、マッチタイプは「部分一致」として設定します。

  • 上限クリック単価:
    キーワードごとに上限クリック単価を設定したい場合はこの項目に入力する

4. 広告グループにテキスト広告を追加する

広告の追加は、①ウインドウ左上で対象となるキャンペーンと広告グループを選択し、②同左下「広告と広告表示オプション」の中から「テキスト広告」を選択し、③[+ テキスト広告を追加]をクリックします。④広告のテキストを入力し、⑤デバイス設定を選べば設定が完了です。

ここで、広告計測ツールなどを利用していて、トラッキングパラメータの設定が必要な場合は、「URLオプション」タブに切り替え、最終ページURL、トラッキングテンプレートなど必要な情報を入力します。

以上の手順で検索連動型広告の掲載に必要な設定は完了です。

PAGE TOP