MacでWindowsを使う!仮想環境ソフトParallelsのWindowsOSインストール方法

Macは素晴らしいパソコンですが、まだまだWindowsでしか使用できないアプリケーションがたくさんあります。
それらをどうしても使用しなくてはならない時はどうしますか?

方法は3つあります。

[1]Windowsパソコンを買う
[2]WindowsOSを「BootCamp」機能にてインストールする。
[3]仮想環境を構築し、そこにWindowsOSをインストールする

今回は[3]について、インストール方法をご紹介します。

仮想マシンにインストール事のメリット

MacにはBootCampというデフォルトから備わっている機能を利用すれば、WindowsOSを走らせる事ができます。
ですが、この方法だと、独立した形で起動する必要があるためOSを切り替える度に毎回再起動をしなければなりません。
かなり非効率ですね。(もちろんこちらの方がメリットがある場合もあります。)

仮想マシンとは「仮想的に作り出されたハードウェア」を指します。
MacOS上に仮想的な環境を作り、そこの中でWindowsOSを起動する事ができます。
という事はMacとWindowsを両方同時に起動できるのです。

ParallelsでのWindowsOSインストール方法

様々な仮想マシンアプリケーションが存在しますが、弊社ではParallels Desktopを使用しています。
インストール方法について以下の動画をご参考下さい。

このように、とても簡単にインストールできてしまいます。

PAGE TOP