WEB担当3年目のためのコンテンツSEO:コンテンツマーケティングって知ってますか?

WEB制作を任された当初は、記事を書いたり、サイトのデザインを考えることだけでも精一杯でも、次第に、WEB制作に慣れるようになると、単に記事を書く以上のことを求められるようになってくるケースも多いでしょう。
サイトの種類によっても異なってきますが、制作しているWEBが会社のホームページであった場合など、たいていのサイトは、作ったからには、少しでも多くの人に存在を知って欲しいという目標を持っているはずです。
インターネットやブログは、日本だけでなく、世界中に情報を発信してくれます。
自動的に世界へ向けて営業を行ってくれるような存在なのですから、有効活用したいものです。

そのために、頻繁に記事を更新しているのにも関わらず、閲覧数にあまり変化が見られない、というのはよくあるパターンともいえます。
せっかく作った、自社のホームページなのに、あまり問い合わせが来ない、などと嘆いている場合には、コンテンツSEOという観点からの対策が行われていないことが多いのです。
そのような知識は、専門的すぎて、一般の人には無理だと思っている人も少なくないかもしれません。
ですから、こうしたコンテンツSEOやコンテンツマーケティングをかわりに行ってくれるような業者も多く登場してきて、実際にそのサービスを利用しているという法人も少なくないことでしょう。
しかし、現代は、そのような一見すると専門的すぎると思えるような手法でも、インターネットで検索することで、簡単に内容を知ることが可能な時代です。
もし、予算的にゆとりがない場合や、個人で作成しているようなサイトの場合には、インターネット上で知識を習得し、自分で取り入れてみるのが最も良い方法といえるかもしれません。

ですから、WEB担当を任された人が、単にサイトの記事やデザインを制作するだけでなく、コンテンツSEOやコンテンツマーケティングについての知識を持つということは、とても大切なことといえます。
そのために支払う費用を削減することができるだけでなく、より良い内容のサイトを作っていくことができるようになるでしょう。

コンテンツマーケティングとは、制作しているホームページが、どのようにすれば、多くの人々にとって、有意義なものになるか、ということについて考えていくことともいえます。
もちろん、検索エンジンで上位にするために、コンテンツマーケティングを活用することになるのですが、それでも、ただ上位にするだけを考えていたのでは、良い結果には結びつきません。
かつては、機械的にそのような処理を行うことで、検索順位を上げることも可能なケースもありました。
しかし、そのようなサイトばかりが増えてしまうと、インターネットで何かの情報を知りたくて検索しても、中身のないような似たようなサイトばかりに行きついてしまうのでは、インターネットの役割自体が意味のないものになりかねません。

そのため、最近では、グーグルなどでも、検索の順位を決める際には、内容を重視するようなしくみを構築しています。
グーグルとしても、多くの人にとって、有益な情報を誠実に提供しているようなサイトを上位にもってきたいという姿勢があるのです。

ですから、これからコンテンツマーケティングを始めるのであれば、こまかい最適化などの作業はあとにして、まず大切なのは、中身の充実したサイトを作ることからはじめたいものです。
そのために、サイトのコンテンツを見直す必要があります。
どのページがよく閲覧されているのか、どのような検索ワードを使って、そのサイトにたどり着いているのか、ということに着目して、需要のある事柄に自分の制作しているサイトが適合しているのか、検証してみる必要があります。
せっかくサイトに訪れてくれた人が予想以上だと驚くような内容が充実したサイトを作ることが大切です。
もし、サイトの内容と異なった検索ワードなどで訪れる人が多い場合には、適切な内容になるように、サイトのタイトルを変更したりすることが重要となってきます。
検索上位にくるためには、タイトルと記事の内容が合っていることも大切な点ですから注意が必要です。
そして、魅力的な記事ができたら、リンクを貼るなどして、サイトに回遊性を持たせるようにします。
はじめてサイトを訪れた人にとっても、サイト内で迷子になってしまわないような、分かりやすい構成にするように心がけましょう。
閲覧した人が、詳しく知りたいと思うような点について、あらかじめ想定しておき、その答えとなるような記事も丁寧に書いておくことで、満足感が上がるだけでなく、信頼度も上昇するはずです。
そのように充実した内容のサイトができあがったら、SEOとして必要な項目についても最適化していく作業をすることになります。
たとえば、ロボットでも判断できるようなアドレスに変更することも重要です。
適切な手法で対策を行いたいものです。

PAGE TOP