コンテンツSEO:コンテンツマーケティングにおけるコンテンツカレンダーの作り方

コンテンツカレンダーを意識しないでコンテンツマーケティングを実践している企業は意外と多いものです。
コンテンツSEOをとにかく行って、見込み客の掘り起こしを実践していっても、長期的に見込み客を滞在させるのは難しいものです。
コンテンツカレンダーは、いかに、自社や自社のサービス、商品に飽きさせないかを考えて作成するものです。
新商品が発売されたときに、コンテンツSEOを行い集客を行うのは、短期的な売上の向上には有益なのですが、一時的に売上が向上し、その後にユーザが離れてしまうのが普通です。
簡単に言えば、ユーザが飽きてしまうのです。
新商品や新サービスの売上のために、潜在顧客の興味を引くようなコンテンツSEOをしかけても、インパクトはあるのですが、長続きはしません。
まず、つかまえた顧客をいかに、継続的に、自社サービスや自社商品のファンにしていくかが大切です。
コンテンツカレンダーは、ターゲットユーザの動向を予測し、タイミングにより適切なコンテンツを配信していく手法です。
たとえば、スーパーなどでは、平日の夕方以降には、安売りのコンテンツを配信しますし、休日にはファミリー向けのコンテンツを配信します。
自社の潜在顧客が購買意欲を喚起するようなコンテンツをタイムリーに配信していくことにより、見込み客から購買層に変換していくのに役に立つのがコンテンツカレンダーです。
潜在顧客がどういうタイミングでどういう消費行動をするかの予測を行い、タイミングに応じたコンテンツの配信を行い、売上を作り上げる。
コンテンツカレンダーがあれば、それが可能になってきます。
コンテンツマーケティングの最終目標は、自由に売上を作り上げることです。
自社の営業目標に従い、適時なタイミングで目標売上を達成するためにコンテンツSEOを継続的に実施し、売上見込みをストックしていくのです。
できる営業マンが、あまり働かなくても営業成績を納めることが可能なのは、ストックを多く持っているからです。
今月の売上目標を達成するためには、自分が抱えているユーザに、どのタイミングで、どういうアクションを行えばいいかを、自然と行っているために、高い営業成績を維持しているのです。
新商品や新サービスが発売されたときに、闇雲にコンテンツSEOを実施するのは、営業マンが必死で声かけするのと同じことです。
それでは、安定した売上を実現するのは難しいものです。
自分の潜在顧客を多く抱え、必要な時に、適切な顧客に、適切なアクションを起こし、売上を作り上げる。
それを実現可能にするのが、コンテンツカレンダーです。
コンテンツマーケティングを行っていく場合には、広告費削減の意味合いで導入することも多いかと思います。
TVCMや新聞、雑誌広告よりは、安価で広告の導入が可能なコンテンツマーケティングですが、安易に広告を実施できるが故に、企業のブランディングイメージを損なう可能性もあります。
PR代行会社に、販促活動を依頼して、誰でもいいから、強引な手法で集客しても、短期的には売上は上がりますが、長期的には、企業イメージが悪くなり、消費者は離れていってしまいます。
まず、企業のブランディングイメージの柱を設けて、そのイメージにあったコンテンツ配信を継続していくことです。
TVCMを見ている消費者が、自然と企業イメージがすりこまれていくように、コンテンツを継続配信していくことにより、自然と自社のイメージが浸透し、潜在顧客がストックされていきます。
あとは、コンテンツ配信のカレンダーを作成し、売上の短期目標、中期計画、長期計画に従い、時期に応じた配信内容を作成すれば、売上目標は達成できるように変わっていくはずです。
コンテンツマーケティングの導入を行い、ユーザの抱え込みを行うということは、企業利益の安定化を図ることに繋がっていきます。
浮き沈みのある経営ではなく、長期的に安定した経営を実現するためには必須の手法となりつつあります。
配信するコンテンツを、売り込みたい商品に特化するのではなく、自社のイメージに即したエッセンスも包有したコンテンツを配信していくことが大切です。
技術的なSEOは、短期的にページランクや検索順位を上げることが可能ですが、長期的に見れば、良質なコンテンツを配信することにより、自然な被リンクを増やしていったほうが、ユーザのイメージは良くなっていくものです。
良質なコンテンツを配信して、自然な被リンクを増やしていくことは、クチコミで評判があがって、ユーザが増加するのと同じことです。
当たり前のようで難しいのがコンテンツSEOです。
いかに、人から信頼される企業になっていくか、そして、信頼されれば、自然とユーザやファンは増えていき、会社は大きくなっていきます。
大切なことは、人や会社から信頼されるコンテンツを継続的に配信することです。
そうすれば、自然と会社は大きくなります。

PAGE TOP