コンテンツマーケティングの導入事例と実践方法

コンテンツSEOの導入を行い、ターゲットユーザの掘り起こしを考えている企業は多いと思います。
消費者が好むような情報発信を行い、認知度を高めることで売上向上を実践していくのが、現代の企業のマーケティングの主流になりつつあります。
コンテンツSEOを行えば、インデックスが増加していきますので、Webサイトもページランクも増え、検索エンジンのランクも上がっていくものです。
新規のサービスや商材を販売していくにあたり、消費者を誘導するためのコンテンツを作成して配信したほうが、テレマーケティングや訪販等よりは、効果的でコストはかかりません。
外注に広告を依頼して、TVCMや新聞、雑誌の広告を配信したり、サンプリングやポスティングを行うより、自社で最適な広告を必要に応じて配信を行うことが出来、インタラクティブにターゲットユーザとやりとりが可能な、コンテンツマーケティングは企業戦略の要になっています。
コンテンツSEOの基本は、良質なコンテンツを作るです。
当たり前のようですが、実はこれが難しいものです。
良質なコンテンツを作れば、自然と被リンクが増えていきますので、当然、ページランクも検索順位も上がります。
IP分散や検索エンジン対策等の技術的なSEOは文献を見ながら実践すれば可能なものですが、コンテンツSEOは技術的なSEOではなく、良質なコンテンツを作る。
みんなが見たがるコンテンツを作るということであり、技術的なSEOよりは、遥かに難しいものです。
ですが、結果的には、良質なコンテンツを配信していくことは、企業のブランディングにも役に立ちますし、イメージ戦略と捉えて取り組むのも、長期的視野に立って考えれば効果的です。
コンテンツマーケティングを行う場合には、ターゲットユーザの集客も大事ですが、企業のブランディングの観点から考えて集客を行うことも大切なのです。
単純に新商品に興味を持つユーザを掘り起こすことだけを考えて、企業イメージを無視した強引な、誘導サイトを立ち上げてしまいますと、企業ブランディングを損なうことになあります。
たとえば、ソーシャルゲームを販売するのに、アダルトサイトでユーザを掘り起こせば、ソーシャルゲームは売れますが、企業イメージは低下します。
サンプリングマーケティングを行う場合に、強引な勧誘を行えば、一時的に売上は向上しますが、その後に企業の評判が悪くなり、売上が落ちるのと同じことです。
長期的視野にたってコンテンツマーケティングは実践していかないといけません。
どうしても、目先の売上ばかりに目がいってしまい、ユーザの興味を引くような、過激なコンテンツを導入する企業は多いのですが、企業はイメージが本当に大切なものです。
TVCMで見ているイメージが、その企業のイメージになるのと全く同じで、企業が配信しているコンテンツは、その企業のイメージになってしまうのです。
コンテンツSEOは良質なコンテンツを配信していれば、とくに技術的なSEOを施さなくても、自然と指示を集め被リンクが増えていき、検索順位やページランクが上がるという、ある意味、本当のSEOなのですが、配信する内容を検討するのは、そんなに簡単なことではありません。
売上の向上に結びつく内容だけではなく、企業のブランディングも意識してのコンテンツ作成が重要になってきます。
企業の立ち上げ時に、メインサイトで良質なコンテンツを配信し続けていれば、自然とアクセスがストックされ、企業に潜在顧客は蓄積されていきます。
商材に対するコンテンツSEOも重要ですが、まずは、企業本来の目的に即した、コンテンツを継続的に発信していき、企業のブランディングと潜在顧客やファンの獲得を促進していけば、新しいサービスや商品を販売するときに、一からターゲットユーザを掘り起こす必要もなく、自社についているファンや潜在顧客に対してクルージングを行うだけでいいので、売上見込みを立てやすくなります。
企業のブランディングイメージのコンテンツ配信を主軸に、新商品やサービスに対するコンテンツ配信を随時発信し、リンクを施していくことが、理想のコンテンツマーケティングとなります。
長期的にコンテンツマーケティングを実施し、企業の潜在顧客やファンをストックしていけば、経営は安定していきます。
短期的な一見さんの顧客を得るためだけでは無く、お得意さんを多く抱えるための企業ブランディングを意識したマーケティング展開を実施していけば、最初は辛いかもしれませんが、長期的に見れば、会社は安定軌道に乗っていきます。
企業ブランディング、イメージ、そして、商材のイメージを統合したマーケティングコンテンツの作成を行い配信を続けることが、企業の安定化と収益の向上に続いていきます。
これから、コンテンツマーケティングを実践していく企業の方は、長期的な視野に立ったコンテンツを導入していったほうがいいでしょう。

PAGE TOP