Google Analytics(グーグルアナリティクス)で何が分かる?

グーグルアナリティクスを使用すると、自分が管理するサイトに誰がいつ、どこからどうやってやってきたか、そして、サイト内のどのサイトを見て退出していったかがわかります。
つまり、サイトへの訪問者数や訪問者の動向、訪問者が初めての人なのか、リピータなのかといった特徴もわかります。

そのため、これらのデータを解析することで、そのサイトがどういった問題を抱えているのかが分かるようになります。
ですから、グーグルアナリティクスというのは訪問者の各種のデータが分かるのでそれをサイトの改善に利用することが出来るツールだといえます。

例えば、サイトへの訪問者数が少なければSEOに問題がある、もしくは広告が足らないといったようなことも考えられます。
期待通りの訪問者がいるのに商品が売れないというのであれば、商品の説明がよくない、分かりにくいといったようなことが考えられます。
また、リピーターが少ないといったことになれば、サイトの更新頻度が遅いといったことが考えられるようになります。
このようにグーグルアナリティクスのデータを少し見ただけでもサイトの改善点といったものはたくさん出てくることがわかります。
そして、この完全店を踏まえてサイトを構築していくことで、よりよいサイトを作っていく参考にしていくのです。
ですから、グーグルアナリティクスは一度使ったらお終いというものではなく、常に使い続けていくことで、よりデータの信用性や価値が高くなっていくことになるのです。
サイトを改善したら、改善前と改善後で訪問者の動態がどうなったかといったことを比較して調べたりも出来るわけです。
こういった比較の作業が出来るのも、このツールのいいとろです。
単に改善ポイントが分かるだけではなく、結果としてその改善が効果を出しているかとうかといったこともこのツールで調べることが出来ます。

では、ここかもう少し具体的に、グーグルアナリティクスで分かることを記していきます。
まずはセッションというものがあります。
これは昔は訪問者数といわれていました。
そのサイトに訪問者が訪れていろいろなところを経由して退出したところで1セッションとなります。
このセッションではサイトを一度離脱すると1セッション、同じ人が再度そのサイトを訪問すると2セッションとなります。
サイトの訪問者の数を見る時に最も使われる数字でもあるので、覚えておくといいでしょう。

次にページビュー数というのがあります。
これは閲覧されたページの合計数です。
同じページが閲覧された時もカウントされます。

そして、チェックしておきたいのが直帰率です。
これは、サイトの訪問者が1 ページだけを閲覧した訪問数を意味しています。
これが多いとサイトのトップページを見ただけで帰ってしまった人が多いということになりますから、トップページを何か魅力のあるものにしていく必要があると考えられます。
もしくは、サイトの表示に時間がかかったりしていて訪問者が帰ってしまったということも考えられるので、サイトの表示時間といったものを調べてみるのもいいでしょう。
これはブラウザによっても変わる可能性もあるので、よく使用されているメジャーなブラウザは全部調べてみるといいでしょう。
中にはちゃんと表示が出来ていないブラウザもあったりするので、サイトの表示のチェックも兼ねて行うといいでしょう。

そして、ユーザーフローといったものがわかります。
これは訪問者がサイト内をどのように通過していったかがわかるものです。
これはサイト分析では欠かせないものの一つです。
サイトにはこれだけは見てほしいページといったものがあるでしょうが、そこへしっかりと誘導できているのかといったことがわかります。
商品販売するサイトであれば、しっかりと商品の広告のページに訪問者を誘導できているのかといったことがわかります。
また、訪問者の離脱が多いページといったものもわかりますから、そういったページには問題点があるますから、それを直すヒントともなります。
訪問者の多いページと少ないページでどういったことがよくて、どういったことが悪いのかといったことも分かるようになってきます。
このデータとはサイトの構造といったものを考えるのにも役立ちます。
あまり深い階層ではユーザーが訪問しにくいといったこともわかります。

たま、新規の訪問者かリピーターかといったこともわかります。
新規の人が多ければ、SEOが効果を発揮しているのかもしれません。
リピーターが少なければコンテンツの充実度が不足していたり、サイトの更新頻度が遅いといったことなどが考えられます。
新規もリピーターも多いのが理想ですが、サイトが長く続いていくためには、何度でも来てもらえるサイトにしていくことが大切です。
ですから、基本的にはリピーターが増えていくサイト作りといったものをメインに考えることになるでしょう。

PAGE TOP