グーグルアドセンス分析編:グーグルアナリティクスで細かく分析しよう

自分のブログやホームページを作っている人であれば、広告収入を得たいと願っている人は大勢いることでしょう。
これまでは、なんとなく日々に起こった出来事などを書き綴っていたような人でも、ブログが収入のためのツールとなりうるのであれば、是非実践してみる価値はあることでしょう。
これまで、ブログやホームページなどで収入を得る方法として、多くの人がイメージすることは、アフィリエイトが挙げられるかもしれません。
アフィリエイトとは、提携している業者の広告を自分のブログやホームページに貼り付けて、そのホームページを見にきた人が、広告をクリックしたり、その結果、商品の購入や資料請求など、あらかじめ決められていた条件に適合した場合には、一定の報酬が得られるというしくみになっています。
しかし、そういったものの中には、特定のサイト内でしか使うことができない限定的な報酬であったり、なかなか報酬額が増えないといった不満を抱いていたという人も少なくないことでしょう。

グーグルアドセンスは、そのような不満を解消できるようなしくみが整っています。
他のアフィリエイトの場合には、ホームページなどに貼り付けられた広告をせっかくクリックしてもらっても、それを実際に購入しないと、報酬にはなりませんでした。
しかし、グーグルアドセンスなら、広告をクリックするだけでも報酬が確定するようなタイプのアフィリエイトもあるので、特に多くの閲覧者があるようなサイトでは、非常に有効な手段と考えることができます。

しかし、このグーグルアドセンスは、誰でも利用できるわけではありません。
もちろん、誰でも申し込むことは可能なのですが、利用できるためには、審査を通る必要があります。
審査の内容は、そのブログやホームページの充実度などから判断されるようです。
あまりにも内容の薄いサイトでは、審査に通ることはできないでしょう。
そのため、まずは、しっかりと充実したサイトを作っておく必要があります。

また、せっかくグーグルアドセンスを取り入れるのであれば、より一層、効果的な運営を行いたいものです。
そのために役に立つツールがグーグルアナリティクスといえるでしょう。
グーグルアドセンスで、ホームページなどの画面上に貼ることができる広告には、数に制限があります。
ですから、あちこちに数多く貼るというわけにはいきません。
どのページに、どんな大きさで広告を貼るのが、一番クリックしてくれる確率が高くなるのか、それが分かれば、より効果的な配置も可能になってきます。
ブログやホームページで広告収入を得るためには、サイトの作成を単なる好みや趣味の範囲で行うのではなく、作戦をたてて計画的に作っていくことが重要といえるのです。

グーグルアナリティクスは、無料で使うことができる、サイトを分析するためのツールです。
誰でも無料でダウンロードすることが可能ですが、利用するためには、グーグルアカウントが必要になりますから、取得していない場合には、まずはグーグルアカウントの取得作業から始める必要があります。
グーグルアナリティクスでは、サイト内のどのページがどのくらい閲覧されているかを、数字で見ることが可能です。
そのため、どのページの人気があるのか、一番よく読まれているページはどこなのか、ということについて、一目瞭然で知ることができるのです。
ですから、広告を貼りつけるのであれば、一番よく読まれているページに貼るほうが、効果的といえるでしょう。
また、サイト内の回遊性を持たせることも重要です。
回遊性とは、サイトの複数の記事をしっかりと読んでもらうということを意味します。
サイト内に滞在する時間が長くなれば、広告をクリックしてくれる可能性も格段に高まるからです。
そのために重要なのは、閲覧している人を目的のページまで誘導するようなしかけを作っていくことです。
そのためには、充実した記事を書くということが、まずは大切なのですが、自分にとって重要な記事が、他の人にとっても、同じことがいえるのか、という点については、分からないと思う人も多いかもしれません。
そのような際にも、活躍するのが、グーグルアナリティクスといえるのです。
グーグルアナリティクスで分析すると、ページごとの閲覧数の推移を確認することができます。
ここで注目すべきなのが、安定して閲覧者がいるようなページです。
記事を載せた段階で、アクセス数がたくさんあったとしても、その時だけで、その後は閲覧数が少ないようなページは広告を貼るページとしては、あまりふさわしくありません。
安定して閲覧者がいるページというのは、記事を更新していなくても、検索などによって、人が訪れてくれている貴重なページととらえることができます。
ですから、広告を貼るのであれば、そのようなページにすると報酬アップにもつながることになります。
グーグルアナリティクスを上手く活用していきたいものです。

PAGE TOP