アフィリエイト広告の種類とクリック率の関係

HPやブログに広告が入っているのを見かけますが、管理者に直接収入として入ってくる広告は、アフィリエイト会社の利用規約に同意して契約した広告の場合です。
そのアフィリエイト広告のクリック数に対しての商品購入の金額の何%かが収入となり、ある一定の金額に達すると振り込まれたり、換金されたりするものです。
アフィリエイト収入で稼ごうと思っている人は、HPやブログなどで商品の説明をしてその広告を載せたりします。
読者は興味を持てばクリックし、そこから商品を購入することになります。
ただし、そこで見るだけでスルーされると、後でその商品を別のサイトから買ったとしても収入にはなりません。
しかし中にはクリックするだけで収入になる場合もあります。
この場合はサイトの訪問者数とクリック率によって収入が変わるのです。
サイトの訪問者に対してクリックする人は多ければ多いほどクリック率が高いということになります。
いかに訪問者のニーズに応えられる商品であるか、また興味を惹きつけられる記事であるかで、クリック率は変わってきます。
広告の種類によることもあります。
訪問者の思わずクリックしたくなるような魅力的な文言が入ったものや、デザイン性の優れたものであればよいわけです。
しかも、HPやブログの内容に沿うようなものならよりよくなるでしょう。
アフィリエイト広告を載せる場所にも配慮は必要です。
あまりに目につきにくい場所、そぐわない場所に載せるのはよくありません。
バランスよく配置するよう心がけたいものです。
広告にクリックしてくださいというような誘導はアフィリエイト会社によっては禁止している場合もあるので、そちらも利用規約などをよく読んで正しい方法で広告を載せましょう。
私も実はHPやブログにアフィリエイト広告を載せています。
初めのうちは訪問者があり、クリックしていく人はいましたが、購入にまでは至らなかったようです。
クリックのみで得られる収入の方はクリック率は低かったですが、一応収入として入っていました。
ところが、訪問者の側を意識したHPやブログ作りをしているうちに、クリックして購入してくれる人が増えてきました。
クリックして紹介していた以外の商品の購入でも収入が入ってくることに驚きました。
結構高額な商品を購入してくださったようで、収入がとても多く入ってきました。
私の場合は子育てのことを中心に書いたHPとブログ作りをしていました。
いろいろな商品の紹介もしてきました。
子育てのために役立つ商品を紹介したのは当たりでした。
文房具やお勧めの本、おもちゃなどもレビュー形式で書いていました。
そのほか、大人向けには自分の気になった歌謡曲や洋楽などを紹介し、CDやDVDの広告を載せることもしました。
説明文としては訪問者の方にはミスマッチな内容だったかもしれませんが、それでも購入者がいたことは励みになりました。
クリックされた広告と全く別の商品を購入された方の場合は、どうだったのかよく分かりませんが、必要とされているものにたどり着いてくれてるといいなという思いでいっぱいです。
アフィリエイト広告は誰でも簡単に載せることができますし、気軽に楽しくHPやブログをしょっちゅう更新していれば訪問者も増え、その分クリックされる率も高くなってきます。
決して狭き門ではないです。
はじめは戸惑うことも多いでしょうが、始めてみればクリックの状況や商品の購入状況を見るのが楽しくなってきます。
そしてどうしたらアフィリエイト広告のクリック率が高くなり、商品購入を訪問者にしてもらえるのかを研究することができます。
もちろん、その成果を他の人とも共有することもできますし、自分だけのものとして取っておくこともできます。
商品購入されるにはどのような説明がいいのか、商品の見栄えをよくするためにはどのような広告を選ぶのがよいか、色々試してみるのもいいかもしれません。
自分でもサイトを訪問してこれは買ってみたいと思えるくらいだったらとてもよいでしょう。
いろいろな商品を乗せるのも手かもしれません。
訪問者の気持ちになりつつ、自分らしさも発信していく、これが理想ではないでしょうか。
なかなか思い通りの商品に出会えないことも少なくありません。
そこに自分にうってつけの商品がやっと見つかったとき、どんな気持ちになるでしょうか。
様々な方法を試しつつ、色んな種類の広告を使って、アフィリエイトで収入を得ることは非常に楽しいものです。
色々述べてきましたが、これを読んでくださっている方がアフィリエイトで稼げるようになってくださることを、願ってやみません。
収入を得ることはたやすいことではないからです。
それでも、一生懸命に努力すれば必ず報われるときが来るものです。
皆様の検討を心から願っております。
私の場合はまだまだ改良の余地がありますが、これからもアフィリエイトを続けていこうと思っています。

PAGE TOP