アフィリエイト広告を依頼する際のポイント・注意点

アフィリエイト広告というのは、近年インターネットを利用する人が増えたことによって注目されている広告方法の一つです。
一般的な広告とは違い、広告として掲載されるだけでは費用が発生せず、閲覧者が広告のバナーをクリックしただけでも費用負担はありません。
広告をクリックした閲覧者が資料請求や会員登録、商品やサービスの購入などのアクションを起こした場合のみ、費用を負担するというシステムになっています。
そのため、費用対効果が非常に高く、多くの企業が利用している宣伝方法となっています。

広告を依頼するには、広告を行っている法人や個人に直接依頼をする方法もありますが、これらの媒体が登録している会社に依頼して、媒体を募る方法もあります。
広告内容を掲載することで、媒体となる会社に登録している法人や個人が提携の申請を行い、お互いに合意をすることで掲載が始まります。
基本的に、掲載による売り上げ等の成果が発生したときには費用の支払いが必要になりますが、その相場はほぼ一律となっています。
そのため、閲覧者が多いサイト、人気の高いサイトなどを選んで依頼することが重要なポイントになります。
また、広告内容を見て登録者が応募するというシステム上、購買意欲等をそそる内容の広告を出すことで、応募を増やして選択肢の幅を広げることにつながります。
インターネットでの広告と甘く見ずに、マーケティングの対象となる年代や性別などに応じて、適切な広告を作成するようにしましょう。

広告を掲載する法人としては、条件を達成することで利用者に換金可能なポイントを付与するポイントサイト、広告会社やクレジットカード会社などのマイルを貯めることができるサイト、専門的な内容を掲載しているサイトなどがあります。
ポイントサイトは一般的に幅広い層が利用しており、報酬目当てのアクションを起こす人も多いため、無料で行えるサービスよりも有料のサービスで依頼したほうが成果を出しやすいです。
航空会社等のサイトも同様ですが、こちらはクレジットカードと連携していることから、ショッピングの利用で成果を出しやすいです。
一方、専門法人サイトは、その分野に興味を持っている人のみが利用していますので、同種のジャンルであれば資料請求や会員登録から顧客につなげることができます。

個人サイトはブログやランキングなど幅広いジャンルがそろっていますが、人気のあるサイトとそうでないサイトでは、閲覧者にかなり差が出てきます。
個人で広告の掲載を依頼する場合には、閲覧者の多いところを選ぶのがよいですが、サイトの内容が自社のサービスや商品とはそぐわないものなどは避けたほうがよいでしょう。
また、人気の高いアフィリエイターは金額が高額になることもありますので、事前に報酬に関する内容を確認しておくようにしましょう。

法人、個人どちらにも言えることですが、直接の依頼ではなく紹介サイトを仲介することで依頼する場合には、相手を選ぶ選択肢が広がるというメリットがある反面、毎月数万円程度の利用料を支払う必要が発生することがほとんどです。
これはアフィリエイトの成果に関係なく、広告の掲載を依頼できるための年会費のようなものですので、全く広告掲載をせずにいると無駄な費用となってしまいます。
そのため、固定費があまりかからないところを選ぶのが理想的ですが、提携している法人や個人がどれくらいいるのかという兼ね合いも見なければなりません。
これまでの広告による獲得の多さも重要ですし、実績などをチェックして、費用対効果の高いところを選ぶようにしましょう。
ただ、広告掲載を行っているサイトはほとんどがこういった媒介の会社複数に登録しています。
広告掲載を依頼する側は固定費を支払いますが、登録者は固定費がかからないか、かなり安くなっているところがほとんどですので、大手の媒介会社の場合にはかなりの重複がみられると考えてよいでしょう。

成果を上げるための方法としては、掲載するサイトを増やすのが近道です。
掲載だけでは費用が発生しませんので、獲得数を多く見込めるサイトを選び、複数に依頼して掲載してもらうと、多くの人の目につきやすいですし、成果にもつながるきっかけになります。
もちろん、そのときには自社の商品やサービスと相性の良いところを選ぶようにしましょう。
ただし、注意点としてアフィリエイトによる成果は一定数獲得できるとそれ以上上がりにくいというデメリットがあります。
これは、そのサイトからサービスを利用する人が常に同じ人であることが大きな理由となっています。
そのため、ある程度横ばいになってきたら、掲載を依頼するサイトを変えてみるというのも継続的に成果を上げるために重要です。
広告掲載を依頼できる期間がどれくらいなのかということを事前に確認しておくと、横ばいになってから依頼するサイトの変更も対策が立てやすくなります。

PAGE TOP