ストーリーの作り方・考え方/コンテンツマーケティング編

※この記事は2017/06/17に再編集したものです。

コンテンツマーケティングという言葉がかなり浸透してきました。
最近は、インターネットのアフィリエイトで莫大な収入を得る人たちが増えてきています。
そのような人たちが行っている多くの施策が、このコンテンツマーケティングです。

現在のアフィリエイト収入事情

これまで、一般の人がアフィリエイトをやろうと考えると自分で作成したブログやホームページに、商品の広告を貼り、自分のブログやホームページを閲覧した人がその広告をクリックしたり、その後に商品を購入することによって、広告を貼りつけた自分にも一定の報酬が入るという仕組みがイメージしやすいと思いますが、こういったやり方では、それほど多額の収入につながる見込みは少ないのが現在のアフィリエイト事情です。

情報の信頼度をいかに訴求できるかがポイント

ではどうやったらアフィリエイト等で収入額を増やしていけるでしょうか。

多額の収入を得たいのであれば、そのホームページを作り込むことが必須ですが、現代は、星の数ほどのホームページが乱立しているような状態。
インターネットで情報を検索したいとキーワードを入力する人は、少しでも確実な情報を求めているのです。
もし、自分が探すべき情報に溢れたホームページにたどり着けたと思ったら、そこには信頼が生まれるはずです。
インターネットはさまざまな情報を気軽に検索できるうえに、手軽に商品を購入することも可能な反面、相手の顔が見えないことが多いので、利用する側は常に不安がつきものです。
ですから、インターネットのホームページ上で、顔の見えない相手に、いかに信頼させるか、ということが、今後の情報に対する信頼にもつながっていきますし、つまりは、そこでおすすめしている商品や、貼られている広告への信頼度も高める結果となっていくのです。

そのため、信頼させるサイトを作るために欠かせないのが、コンテンツのストーリーの作り方です。

大事なのは自分がユーザー目線になる事

大切になってくるのが、実際に、自分がそのサイトを見る側になるという考え方です。
たとえば、ウォーターサーバーについての情報を探しているとします。

ところが、ウォーターサーバーの会社は数えきれないほど存在していますし、ウォーターサーバーを比較しているサイトも山のようにあります。
その中から、どのようにすれば、見る側を引き付けて、信頼を得ることができるようなサイトにする事ができるかを戦略的に考える必要があります。

ポイント1 不安感を取り除く

顔が見えない不安感というものを取り除くことが効果的です。
よく、ブログなどでは、筆者の顔写真を載せている場合がありますがユーザーからしてみれば人物像がはっきりイメージできるので効果的です。
それ以外にも、擬人化したキャラクターを作るという手法もおすすめです。

たとえば、ウォーターサーバーのサイトにしたいのであれば、案内役のようなキャラクターもいいかもしれませんね。
なるべく、可愛くて、親しみが感じられるようなキャラクターにしたり、せっかく具現化するのでは細かいキャラクター設定を心がけましょう。
このキャラクターが、インターネットの世界において、顔の見えないという不安を取り除くとともに、時には感情移入の対象となったり、共感を得られるような効果を発揮してくれる事もあるのです。

ポイント2 筆者キャラクターにあったストーリー構成を考える

筆者及び、キャラクターを作ったら、その人物像から連想できるストーリー構成を作り上げていきます。
家族やペットについてなど、どんどんキャラクターの個性を増やしそれぞれに役割を与えていきます。

ウォーターサーバーに紐付けるとしたら、「ペットの犬には、嗅覚を利用して美味しい水を見つけてくる」といったようにユーモアな要素を加えてみるのもトレンドですね。
このように、そのサイトを見る人にとって、どんな形であれ付加価値を提供できるようなストーリーへ作り込んでいきます。

まとめ

これらを踏まえて、記事を増やしていくだけでもサイトの充実度は格段に向上するでしょう。
何より、サイトを訪れたユーザーはさまざまなキャラクター性を楽しみながら、色々な情報を得ていくことが可能になります。

いつしかキャラクターのファンとなり、「そのキャラクターが書いたものだったら読みたい」というアイドル的な立ち位置になれれば定期的に訪問してくれるロイヤルユーザーとなってもらえます。
このファンからアイドルへ転換させる親近感こそ、昨今のコンテンツマーケティングにとってとても重要なポイントだと言えます。

顔の見えない相手から、親近感を持たれるということは、そのキャラクターが発信する情報を信頼する事できるようになり、おすすめのウォーターサーバーとは、どういったものなのか、という点に言及したり、そこまであからさまにしなくても、資料請求を選択できるようなしかけを作っておくと、そこを経由してアフィリエイト収入を得ることに繋がっていきます。

ご紹介したポイントをしっかり念頭においてコンテンツマーケティングを行い、良質な記事を更新してく事を心がけましょう。

PAGE TOP